2016年04月18日

アイドルねこ ごまちゃんが旅立ちました

IMG_1774.JPG

 太郎に続く看板ねこ、アイドル的ともいうべき
 ごまちゃん。

 常連のKさんが某所にて散歩中たまたま捨てられている
 子猫を発見され、保護されました。
 ご縁があって、当時ねこ日和になる以前の保護用シェルター
 にてお預かりすることになりました。
 

 受け入れの際に行った検査にて、コロナウイルス(猫伝染性腹膜炎)など陽性でした。

 思いの他、発症や進行が早く、これまで4回入退院を繰り返してきました。
 最期は急激に衰弱し、1才3ヶ月という短い生涯となりました。

 その分、天真爛漫で人見知りせず懐こい性格もあって、多くの皆さんに可愛がってもらえる
 アイドル的存在の子でした。
 まるで、自らの短い寿命を悟っていたかのようです。

 IMG_1944.JPG
 虫の息になったので、ねこ日和から我が家へ連れて
 行きました。

 大きな息をひとつして目を見開き、命の迸りを感じさせて
 くれました。
 それから間もまく、尻尾を振ってまるで挨拶をしてくれたか
 のように、すーっと眠るように安らかに旅立ちました。



 最期苦しむ姿を見ているのはとても辛いものですが、最期まで手を煩わせることなく穏やかなものでした。

 献身的にご協力下さった協力獣医さんや、白ユリペットセレモニーさん、
 関わって下さった全ての皆さんへお礼申し上げます。

IMG_1948.JPG
 多くの方々と、その死を悼みました。


 価値があるから生きるのではなく
 生き抜くことにこそ価値があります。


 ごまちゃんからもたくさんのことを
 学ばせていただきました。



 またいつの日か、優しい魂のごまちゃんとまた会えると信じています(合掌)

IMG_1949.JPG












 【関連エントリー】
 人知の及ばない自然界の営み


posted by 管理人 とし at 00:50| 埼玉 ☔| 猫のお世話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする